2017年10月06日

ドラマCD「理解できない彼との事」アフレコインタビューvol.1

ドラマCD「理解できない彼との事」発売まであと14日!


異文化過ぎるコマの行動にクスっと笑いつつ、ドSセクシーなコマの言葉責めも聴けちゃうWebCMはお聞きいただけましたでしょうか?
発売にむけて今日は、葛本司郎役:白井悠介さん、佐藤駒ヶ丈役:増田俊樹さんのロングインタビューをご紹介!

■葛本司郎(CV:白井悠介)
chara_a.jpg

■佐藤駒ヶ丈/コマ(CV:増田俊樹)
chara_b.jpg
--------------------------------------------------------------------------------------------
―――収録を終えられてのご感想をお願い致します。

白井:終始楽しく収録させていただきました。僕が演じさせていただいた葛本司郎くんは本当に寛容で優しい人間だなと、全部録り終えて改めてそう思いました。僕がコマのような後輩を指導することになったら諦めてしまいそうです。でもちゃんと面倒を見て、指導してあげるのが優しいなあと、ほっこりと温かい気持ちになりました。

増田:僕も楽しく収録させていただきました。座長が白井悠介さんということもあったので、いろいろいじらせてもらったのですが、その中で、成田さんを始め、キャストの皆さんも楽しそうに収録していただけていたので、現場作りとしても成功だったかなと思います。

―――役柄を演じるうえで気をつけた部分はありますか?

白井:僕はすんなり演じられたような気はします。僕と葛本は性格的に違う部分が結構あったりするんですが、基本コマがグイグイとくるのを受けていくので、コマが来てくれるから乗っかっていけるという感じで、自然とできた気がします。

増田:この作品はキャラクターたちがみんなすごく個性的で、異なる生活圏の人たちがそろっていたので、僕達も演じる上で、どれだけ自分の役の個性や、お互いが理解できない文化圏というものを演じられるかということに挑戦していたと思います。それはキャラクター全員そうで、コマ含め、クズも自分の父親もそうですし、すべてのキャラクターが生き生きと、というより闘っているぐらい、互いが溶け込まないようにとしているような雰囲気を感じました。僕も負けないように、コマは他人に影響されるような役ではないと思っていたので、どれだけ自分を突きとおせるかというところに意識してお芝居させていただきました。

―――個性的なキャラクターがたくさん登場しますが、どのキャラクターが気になりましたか?

白井:僕はやっぱり、文治さんです。もうバリバリのヒップホップ系ですね。僕もラップが好きで、カラオケとかで歌ったりすることもあるので、どんな感じで文治役の石屋(春貴)くんがラップを披露してくれるのかなと期待していたんですが、すごく面白く、コミカルに演じてくださいました。ついつい僕も文治くんもひっぱられちゃったところがあって……。

増田:うんうん。ちょっとよくないっすよね。そういう、素の『白井悠介』が出てる部分が何箇所か……。

白井:ええ〜?

増田:ちょっとあったような印象でしたけど。

白井:いえ、ないですよ(笑)。役としてやってますから。

増田:ディレクション入りましたけど。

(※注釈:文治のあとの葛本のセリフがラップ調になってしまい取り直しになったシーンがありました)

白井:いや、そこはそうなんですけど(笑)。つられちゃった部分は取り直しになっちゃいましたけど。

―――あれは素でやられたんですか?

白井:自然とそうなっちゃったんですよね。

増田:あれ、考えてきたものじゃなく?

白井:考えてきたものじゃない!

増田:あ〜、よくないですね。

白井:あははは(笑)

増田:『白井悠介』が出てしまってますね。

―――わざとなのかと思いました(笑)。

白井:いや、わざとじゃないんです(笑)。

増田:僕も一瞬焦りました。あれ、そんな台本だったっけ? そんな構成だったっけ?って。「あれ、俺、いま違う台本を見てるのかな」と思っちゃったくらい。

白井:俺もびびっちゃいました。それだけインパクトがあったいうか、印象深かったですね。

―――増田さんは今回、成田さんがお父さん役ということでしたが、CEOの印象はいかがでしたか?

増田:作品中の登場シーン数が少ないので、原作に描かれていない色んな場面においてのCEOの立ち振る舞いをもっともっと見たいなと思いましたね。原作を読んでいても、冒頭からボード乗ってましたし。いくら自分の会社だからって。けっこうバリバリの仕事してる感じの会社なのに、CEOがボード乗ってるの許されるんだって。

白井:でもちょっと憧れるというか、楽しそうじゃない? トップが陽気なひとだと。

増田:うん、それもいいと思うけど。社員のバリバリ感とCEOのよくわからない感じが自分の中でマッチングしなくて、すごいキャラクターだなと思いました。

白井:もちろん、CEOもちゃんと出来るところはできるんだよね。

増田:前はちゃんとやってたんだよね。でも、なにかあったんですよね。

白井:そうだね、離婚して変わったんだろうね。

―――ふたりが親密になっていくにつれ、演技において変化を意識したところはありますか?

増田:僕はあまり意識しなかったですね。

白井:ま、そうだね。コマは元からずっと好きだしね。

増田:隠してるわけでもないし。

白井:一途だからね。

増田:全シーンにおいて、コマのスタンスが変わったということはなかったですね。

白井:葛本に関しては、「理解できない」というところから始まって、実は以前コマと会っていたという出会いを思い出してからは、特にふたりのシーンでは心情の変化を意識してやらせていただきました。でも、なかなか初対面で、ノリノリのコマに対して「チョコをいりますか?」ってすごいですよね?

増田:あれ、クズもクズで大概だなって。

白井:あはは(笑)。よっぽどチョコが好きだから、テンションあがっちゃったんだろうね。

増田:いや、わかるけど、理解できない…。

白井:あはは(笑)

増田:相手が両手に荷物持ってるに、「チョコ食べます?」っていっちゃうんでしょ? それで会社員でしょ?

白井:でも、あれがきっかけだからね。コマが好きになった。

増田:今まで彼はどうやって人生を歩んできたんだろうって。きっと大変だったろうよ? クズは「普通に普通に生きていかなきゃ」って言ってる割には、「普通に生きていけてないぞ」って思いました。

白井:意外とそうだね。そういう一面がありましたね。

―――だからこそ、普通じゃない面をかくさなきゃって思ったのかもしれませんね。

白井:そうですね。元々、男の子なのにピンクが好きって言ってましたしね。

増田:でも、どうなっちゃうんでしょうね。全部、自分の好きなままの方向にいこうと思ったら。全身ピンクとか。

白井:でも、そのひとにとっては自分の好きなことを貫いてるからいいんじゃない?

増田:まあ、コマとクズのふたりの世界では成立しちゃうかもしれないね。でもはたから見るとクズ、すごいことになりかねないなと。今まで押さえつけていたいろんなものが……。

白井:反動でね。コマを越えてきちゃうかもね。

増田:白井さん。だめですよ。

白井:俺はならないよ。押さえつけないし!

増田:いくらピンクが好きだからって、全身ピンクにしてとか。

白井:俺は緑が好きだから。

増田:だからって髪の毛緑に……。

白井:しないよ!

―――最後に楽しみにお待ちいただいている読者の皆さんにメッセージをお願いします。

白井:「理解できない彼の事」というタイトルの通り、最初は理解できないとんでもない態度の後輩のコマに対して、徐々に興味を持って惹かれていて、でもやっぱり理解できない部分はずっとある。けれど、それでもどうしても惹かれてしまうというのが、この作品のキーワードになっていると思います。確かに日常的に考えてもそういうものってあるよなって振り返ったりして、僕も自分が苦手なものでも理解しようとする努力をしていこうかなと考えさせられました。
作品としては明るく楽しいコミカルな、すんなりと入りやすい作品なので、ぜひ原作のコミックスとあわせて見ていただけるとより楽しめると思います。そしてぜひ友達とかにも勧めていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。

増田:白井悠介の超絶受けテクニックに乞うご期待!

白井:いやいやいや。

増田:お願いします!

白井:いやいやいや(笑)。それはやっぱり増田俊樹の攻めテクニックがあってこその受けだから!

増田:でもすごいから。帯びにしてくれてもいいじゃないですか。『白井悠介の超絶……

白井:やめろ、やめろ!

―――ありがとうございました!

rikaidekinai_photo_1006.jpg
(左から、増田俊樹さん、白井悠介さん)



次回は成田剣さん&伊東健人さんのインタビューを10/13(金)に公開予定!!
posted by Ginger Records at 15:22| 理解できない彼との事

2017年09月22日

「理解できない彼との事」店舗特典一覧


ドラマCD「理解できない彼との事」発売まであと4週間!
聴きどころ、見どころたっぷりの豪華特典をご紹介!


■アニメイト様
<ミニドラマ&フリートークCD>
コミックスに収録されていた描き下ろし「デート編」を音声化!
恋人になって初めてのプレゼントは…コマらしい変態ちっくなHたっぷりです黒ハート
白井悠介さん&増田俊樹さんのふたりっきりトークも収録!



■コミコミスタジオ様
<描きおろし1P漫画ペーパー>
碗島子先生描き下ろしの1P漫画です! 付き合い初めてからクズ先輩に変化が…!? Hもラブも萌えも笑いも詰め込まれた一枚ですぴかぴか(新しい)



■ステラワース様
<オリジナルブロマイド>
コミックスのカバーイラストを使用したオリジナルブロマイドです!



特典はなくなり次第終了となりますので、ぜひお早めにお買い求めくださいませ!
posted by Ginger Records at 19:14| 理解できない彼との事

2017年09月20日

ドラマCD「ヤリチン☆ビッチ部2」イベントレポート


ドラマCD「ヤリチン☆ビッチ部2」発売記念トークイベントの
レポートをお届けします♪

-------------------------------------------------------------------------

2017年9月9日(土)、アニメイト新宿にてドラマCD「ヤリチン☆ビッチ部2」発売記念イベントを開催いたしました。
ゲストに、おげれつたなか先生、遠野高志役:小林裕介さん、鹿谷樹役:中澤まさともさんをお迎えし、愛と笑いにあふれたイベントとなりました!

IMG_20170909_122620.jpg

<笑いの絶えない収録現場>

まずは、ドラマCD「ヤリチン☆ビッチ部2」のWebCMをスクリーンにて上映。百合くんのフリーダムなセリフに思わず会場から笑い声が……。
会場が「ヤリチン☆ビッチ部」の空気に染まったところで、小林裕介さん、中澤まさともさんが登場。
「今日は大爆笑して帰ってください。なにせぴかぴか(新しい)『ヤリチン☆ビッチ部』ぴかぴか(新しい)のイベントですから!」とタイトルを強調して言う小林さんに中澤さんも「そう、ぴかぴか(新しい)『ヤリチン☆ビッチ部』ぴかぴか(新しい)のね!」と乗っかります。笑いに包まれる客席に、小林さんが「みんな、今日はなんのイベントだい?」「ヤリチン☆ビッチ部!」と笑顔でコールアンドレスポンス。
皆さんとの息もそろったところで、今度はスペシャルゲスト、おげれつたなか先生を客席からお呼びすることに。中澤さんの音頭による、元気いっぱいな「おげれつたなかセンセー!」のコールに応え、先生が舞台に登場!

2_IMG_1536.jpg


出演者3名がそろったところで、さっそくドラマCD「ヤリチン☆ビッチ部2」の収録裏話トークに。小林さん曰く、「ヤリチン☆ビッチ部」の収録は、スタジオに入った瞬間から戦いは始まっている。誰が一番最初に笑うか、の我慢比べに、中澤さんが「僕、テストの段階でダメで…」と自己申告。「そんなにセリフないのに、帰り道へとへとになる」という中澤さんに、小林さんも「冗談抜きで笑い過ぎで次の日筋肉痛になる」と、笑いあり、涙ありのアフレコ現場の様子をお話ししてくださいました。
アフレコに立ち会っている先生にもうかがうと、スタジオに入った瞬間から笑い声が漏れ聞こえてくるほど楽しい現場で、言わせていいのかなと思うようなセリフもちゃんと演じてくださっていることに感動したとのこと。インパクトのすごいセリフのオンパレードに、先生のの頭の中がどうなっているか気になるというキャスト陣に、「『ヤリチン』と『ビッチ』が好きだから描きました!」と豪語する男らしい先生。さすがです!


<Q&Aコーナー>

ファンのみなさんから募集した質問に答えていくQ&Aコーナーでは、カード形式にしたたくさんの質問の中から小林さん、中澤さんに直接選んでいただきました。

IMG_1434.jpg


――『ご自身が演じているキャラクターの好きなところはどこですか?』

小林さん(as遠野):普通なところ、周りに染まらないで信念を貫いているところ。
中澤さん(as鹿谷):自分の欲に素直なところ。演じていて楽しいタイプ。

おふたりの回答に、先生も「遠野の染まらないところは大事にしたい」「鹿谷は顔が好き。力を入れて描いている」と。鹿谷は、女装をしていても男らしさを残すよう気を付けているということなので、ぜひ肩幅や腰骨に注目して原作をチェックしてみてくださいね。

――『今までのセリフの中で、印象に残っているセリフは? ぜひ小林さん、中澤さんで実演してください!』

加島が「写真好きなんだよね」に対して、遠野がそっけなく「へー」というシーンがツボだったいう先生。ここの裏話としては、小林さんは最初は普通に「へ〜」と演じたけれど、「もっと興味ない感じでやってください」というディレクションを受けての演技だったそう。

rep_serifu1.jpg

(この心が折れそうになるウルトラそっけない「へー」については、ドラマCD1巻の際に先生がレポ漫画を描いてくださっています)

それに対して遠野は矢口には「やっちゃん揺れるハートと態度が違いすぎるということで、ふたつのセリフを小林さんが実演!
あまりにもテンションが違う「へー」「やっちゃん揺れるハートに、「遠野ってちょっと変な子かも…」という疑惑が。「あの空間の中で、絶対に流されないという強い意志は、ある意味変人の境地」という中澤さんの言葉に、思わず「確かに」と納得してしまう皆さんでした。

鹿谷のセリフとして、先生の印象に残っているものはやはり初登場の自己紹介シーン。「一声聴いただけでも『受け』、しかもすごい淫乱そう」、とわかるのがすごかったと絶賛。

repo_serifu2.jpg
こちらのシーンを再現していただきました!


2部で再現していただいたのは、ドラマCD1巻の勉強会のシーン。

repo_serifu3.jpg


原作本を片手に、おふたりで実演してくださいました! 「実際に絵を見るとすごいね!」と中澤さん。ぜひみなさんも原作を読みながら、ドラマCDを楽しんでみてくださいね。

IMG_1663.jpg


<キャラクタークイズ>

より深くキャラクターに触れていこう!ということで、用意されたこのコーナー。
一部は遠野、二部は鹿谷のクイズを小林さんが中澤さんに出題。
クイズの内容は先生がツイッターで公開したイラストや小ネタを元にしたものや、このイベントで初公開された情報でした。

IMG_1671.jpg


【遠野】
Q.寮にいる間の服装
A.よくわからないTシャツ、スウェットorジャージ

Q.カラオケの十八番
A.のりものゴーゴーパラダイス(→元ネタはコチラ

Q.子供の頃の将来の夢
A.パン屋さん


【鹿谷】
Q.寮にいる間の服装
A.上下赤のジャージ体操服、古くなったローファー

Q.初めての女装アイテム
A.Tバック

Q.子供の頃の将来の夢
A.コーギー

IMG_1501.jpg

ちょっとコアな内容に、なかなか正解が出せない中澤さん。客席の方からの正解が多く、「これ、僕へのクイズだよね?」と思わずツッコミ。
唯一正解したのが、遠野の「子供の頃の将来の夢」。パン屋さんという普通の回答に、遠野らしさを感じられた一面でした!
また、「コーギーを知らない」という小林さんの言葉に皆さんビックリ。「後ろ姿が食パンみたいな犬」という先生の例えが絶妙でした!

クイズの元となったイラストは先生のツイッターで公開されていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。


<プレゼントコーナー>

楽しいイベントの時間も残りわずか。会場にお越しいただいたみなさんに感謝を込めて、抽選会が行われました。
先生、小林さん、中澤さんのサインの入ったドラマCD1巻、2巻、ポスターを各1名様に豪華プレゼント致しました!
IMG_1706.jpg


残念ながら抽選に外れてしまった皆様にも、新情報のプレゼントが!
ぴかぴか(新しい)ドラマCD「ヤリチン☆ビッチ部3」発売決定ですぴかぴか(新しい)



気になる内容は「りんかん学校編」! みなさん、「りんかん」と楽しそうに連呼して、「ヤリチンビッチ部」ならではの言葉いじりをされていました。
そしていよいよ鹿谷先輩たち3年生がフィーチャーされるということで、「糸目先輩はちゃんと喋るのか!?」「遠野のあのシーンは?」と期待と不安がいっぱいの様子。小林さんは「あのシーンはマイクを壊す勢いでやるから、ボリュームを絶対に落とすなよ!」と宣言。ぜひ覚悟して聴いてくださいね!

<最後は手渡し&ハイタッチ!>

百合演じる佐藤さんのウォーミングアップや、笑いを堪えて小林さんを叩いてくる濱野さん、百合くんとの長丁場のシーンを笑わずに演じきった興津さんが山中さん演じる糸目先輩の一言で噴き出してしまうなど、アフレコの裏話が尽きない楽しいイベントもいよいよ終了のお時間に。

IMG_1549.jpg


まず先生からは、「ドラマCDも、コミックスも3巻をどうぞよろしくお願いします!」とご挨拶。原作では新たな展開を迎え、今後がとっても気になることだらけですので、続きを楽しみに待っています!
小林さんからは「原作を読んだときからメチャクチャに面白くて、アフレコが終わったらキャスト陣で早く続きをやりたいね、と話すくらい盛り上がっています。間違いなく面白いCDに仕上がると思うので、楽しみに待っていてください!」と現場からの嬉しい言葉が。
続いて中澤さんからは「最初タイトルを聞いたときはビックリしたけど、演じていたり、ファンの方々が楽しんでいるのをみたりしていると、こうやってゲラゲラ笑って気持ちが楽になって、時々キュンとする、この作品ってすごいなと思います。ドラマCDの第3巻も皆さんと一緒に楽しんでいけたらと思います。今日はありがとうございました!」とご挨拶をいただきました。
最後は客席から「ヤリチン☆ビッチ部最高!」と元気なコールをいただき、幕を閉じました!

IMG_1570.jpg


そして最後の最後にサプライズ! 先生からはイベント限定のポストカードを手渡しで、小林さん、中澤さんとはハイタッチでお見送りあり! 会場の皆さん笑顔で会場をあとにされていました。

ポストカードサンプル.jpg


1部も2部も、笑い声の絶えない大盛況のイベントとなりました。
ご出演いただいた、おげれつたなか先生、小林裕介さん、中澤まさともさん、ご協力いただいたアニメイト新宿様、応募してくださった「ヤリチン☆ビッチ部」ファンの皆様、楽しい時間を本当にありがとうございました!

02.jpg

posted by Ginger Records at 20:43| ヤリチン☆ビッチ部2