2019年01月18日

「アヒルくんはソレを知らない」アフレコレポート

ドラマCD「アヒルくんはソレを知らない」
ぴかぴか(新しい)発売まであと1週間!ぴかぴか(新しい)


本日は、コウキ。先生描き下ろしアフレコレポートコミックを公開揺れるハート
モブおじさんいい気分(温泉)と化したコウキ。先生による
尊み満載のハイテンショングッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)レポートをどうぞお楽しみください黒ハート


★キャストインタビュー【日野聡さん&田丸篤志さん】はコチラ

<画像クリックで拡大表示されます>
01.png
02.png
03.png
04.png
posted by Ginger Records at 19:00| アヒルくんはソレを知らない

2019年01月11日

「アヒルくんはソレを知らない」キャストインタビュー


ドラマCD「アヒルくんはソレを知らない」発売まであと2週間!

顔面工事済美容整形外科医×元95キロ陰キャラDK
黒ハート純愛メタモルフォーゼBL黒ハート


昔ながらの銭湯・アヒル湯の番台を務める173p95kgのかなりぽっちゃりなDK・アヒルくんこと蓮。
そんな彼に「台から肉がはみ出してる」と容赦ない指摘をしてきたイケメンドクター・王子隼。
王子に「お前、痩せたら絶対可愛い」と言われたことをきっかけに、必死のダイエットが始まり……!

『おい、デブ』と辛辣な王子な一言が聴けるWebCMはもうご覧いただきましたでしょうか?
痩せて可愛くなったアヒルくんに会いにきた王子先生が思わず…なシーンや、
アヒルくんのひとりで×××……なシーンもちょっぴりお楽しみいただけますハートたち(複数ハート)

今日は、阿比留蓮役・田丸篤志さん&王子隼役・日野聡さんのアフレコ後のインタビューをお届けいたしますひらめき

--------------------------------------------------------------------------------------------

――収録を終わられてのご感想をお願いいたします。

田丸:物語の量としても、そしてストーリー内容も充実のボリュームだったと思います。今作ではルックスに関するコンプレックスでしたが、そうじゃないにしても誰しもコンプレックスを持っていると思います。蓮にも王子にも、どちらにも感情移入できる作品だなと思いました。

日野:銭湯という極々身近にある場所を舞台に繰り広げられていく物語。まさにその環境のごとく、みんなでワイワイと楽しい収録現場でした。

――ご自身が演じたキャラクターの印象や、演じる上で気をつけた点を教えてください。

田丸:一番気をつけたところは、痩せる前と後の変化です。漫画だと違和感なく変化を受け入れることができると思いますが、ドラマCDだと声だけで伝えなければならない。「太って聞こえる声」というのもありますが、蓮の場合はルックスに応じての彼の精神的な変化を一番に考えて演じました。

日野:一見、見た目も性格も完璧な王子隼ですが、そんな彼にも過去の自分に対して劣等感を抱いている一面もあり、変化する前の彼と変化後の彼とで意識に違いが出るよう心がけていました。

――相手キャラクターの印象や、一緒に演じられてみてのご感想・印象に残ったシーンなど教えてください。

田丸:太っていた蓮にとって王子は、文字通りの「王子様」でした。でも「王子様だってずっと王子様を待っていた」というように、彼自身も自分を助けてくれる王子様のような存在を待っている弱い人間で。そんな両極端な面を持っている蓮ですが、日野さんのお芝居を聴くことでとても人間らしくて、好きだなぁ…となりました。

日野:田丸くん演じる阿比留蓮は、本当に繊細で可愛く、優しく、包みこみたくなるような印象でした。そしてそんな蓮が、王子が出張でしばらく会えない時に、物凄く努力をして変身を遂げたシーンは特に好きですね。

――本作は銭湯を舞台にした物語ですが、銭湯の思い出や、お風呂の入り方へのこだわりがありましたら、教えてください。

田丸:あひる湯のような、しっかりとした銭湯には行ったことがなくて。健康ランド、温泉、ジムの浴場だけです。一度行ってみたいですね。

日野:小学生の時に友達みんなでよく銭湯に行っていましたね。そこの銭湯には四方八方から一気にお湯が吹き出すシャワーの個室があり、「地獄のシャワー」と名付けてアトラクション感覚でみんなで楽しんでいました。

――最後に、楽しみにお待ちいただいているファンの皆様にメッセージをお願いいたします。

田丸:一つの物語で見た目が大きく変化するという珍しいキャラクターを演じさせていただきました。違いを感じながら聞いていただけたら嬉しいです。そして自分のコンプレックスを乗り越える勇気をもらえるような作品なのではないかと思います。みなさんの勇気に繋がりますように。

日野:自分を取り巻く環境であったり、自分自身のことであったり、変化や何かに一歩踏み出す事を恐れないで!と、エールを送ってくれるような勇気づけられる作品です。たくさんの皆様に聴いて頂いて、そんな想いを感じとって頂けると嬉しいです。

――ありがとうございました!

WEB_ahiruB2.jpg
(左から、田丸篤志さん、日野聡さん)

posted by Ginger Records at 19:30| アヒルくんはソレを知らない