2019年11月23日

「ROMEO 2」アフレコインタビューvol.3


\ドラマCD「ROMEO 2」発売まであと6日!/


ドラマCD「ROMEO 2」に参加していただいたキャストはなんと総勢19名!
ストーリーの内容には切なく悲しいシーンもありますが、休憩中は皆さま先生がふるまってくださった美味しい差し入れをいただきながらお話をしたりと、とても和やかな現場でしたにこにこ
そして、日照、タイちゃん、太白王、モールスカ役の代永翼さんの演技にスタジオ内は「すごい!」と絶賛の声が…ぴかぴか(新しい)



今日はドラマCD1巻からの馴染みの深いキャラクターを演じてくださった3名のインタビューを公開いたします八分音符

日照役:代永翼さん
日照.jpg
ディアガ役:一条和矢さん
ディアガ.jpg
イーラ役:花輪英司さん
イーラ.jpg



--------------------------------------------------------------------------------------------
――収録を終わられてのご感想をお願い致します。印象に残ったシーンやセリフを教えて下さい。

代永:何よりも今回は皆と一緒に収録できたのが嬉しかったですね!! そして楽しかったです! 勇さんの(仔)光陽がめっちゃ可愛くてキュンキュンしちゃいました。日照的には光陽とのシーンはぜひ聴いてほしいですね。
印象に残ったシーンは、ジェイドとリカのケンカのシーンは可愛くて思わずニヤニヤしちゃいますね。あとはお産のシーンですね。あまりに切なすぎて涙が止まりませんでした。

一条:キャラ決めした後の収録が早かったな〜。久しぶりの大勢での収録…緊張なんてする間もないくらい早かった。最近の収録ってこんなん?w おじさんはついていけないよ〜ゆっくり録ろ〜よ〜。てな事もあったけど、皆ほぼノーリテイク…すげぇ! あと、差しいれが豪華だった! 早く言ってよ〜。腹すかせてから行ったのに!

花輪:たくさんあるので自分がらみのシーンに限定しますと、ディスク2の出産のくだりはスタジオ内にもピリピリと緊迫感があり、物語としてもその時の実体験としてもとても印象に残っています。イーラさんの「抱いてあげて…」の一言に彼の魅力が詰まっていると感じました。

――キャラクターを演じる上で注意した点やアピールポイントをお願いします。

代永:日照を演じる時も、タイちゃんを演じる時も、光陽への愛情をいつも持って演じていますね。タイちゃんは人間ではないので、人間らしくならないように気を付けて演じています。聴いてくださる方が「あー、インコってこんな感じで喋るよね」って思ってもらえるようにいつも研究しています。
日照は名前の通り、聴いているだけで心が癒されるような、日の光で皆を照らす大らかで気高くて、母のような気持ちで演じています。女神にも神様にもとれるように意識していますね。

一条:久しぶりのディアガだったのでどうかと思ったけど、割とすんなり出来たと思うよ。大変だったのがディスク2の過去ディアガだね。先生たちから「若いので、楽しみにしてます!」おいおい、昨年に若いキャラ演って自分の若さへの限界を感じたのにか?w そこはCD聴いて判断して。

花輪:久し振りに演じたので、最初に登場する場面は特に気を使いました。そして同場面の本番前のテストが一番緊張しました。しなやかさばかりに目がいきがちなイーラさんの、ふと見せる一面に注目していただきたいです。

――本作品を楽しみにお待ち頂いているリスナーのみなさんへのメッセージをお願いします。

代永:約3年ぶりの「ROMEO」。皆様の応援のおかげでドラマCD2巻が発売いたします。そして、お待たせしました!! 今回は色々と考えさせられるかもしれません。そして聴いたあとに「愛とは何か?」、愛情がどれほど大切なものかがわかる作品になっております。皆さんたくさん聴いて楽しんで下さい。あ! 涙をふくものが必要かもしれません。

一条:待望のドラマCDです。あのね…結構〇ロいよ、心して聴いてね。(そこのシーン収録とはよく知らずにブースを出そびれて全部聴かされちゃったw)

花輪:オーディオドラマならではのおもしろさが詰まっています。ぜひお聞き下さい(^▽^)/

――ありがとうございました!


ROMEO2_代永さん一条さん花輪さん.jpg
(左から、代永翼さん、一条和矢さん、花輪英司さん)

posted by Ginger Records at 21:37| ROMEO 2