2019年10月21日

「ヤリチン☆ビッチ部4」キャストインタビューvol.2

ドラマCD「ヤリチン☆ビッチ部4」発売まであと5日!

ブロマイドや缶バッジなど店舗特典は無くなり次第終了となりますあせあせ(飛び散る汗)
ぜひ特設ページをチェックしてくださいね!


先日公開した1年生組(小林裕介さん、濱野大輝さん、村瀬歩さん)のインタビューに引き続き、今日お届けするのは「ヤリチン☆ビッチ部」をカオスに誘う超個性派キャラクターを演じてくださった3名グッド(上向き矢印)

百合絢斗役:佐藤拓也さん、田村唯役:興津和幸さん、ジミーこと藤咲透役:熊谷健太郎さんのインタビューですぴかぴか(新しい)

--------------------------------------------------------------------------------------------
――収録を終わられてのご感想をお願い致します。印象に残ったシーンやセリフを教えて下さい。

佐藤:実家のような安心感のある布陣で、終始楽しかったです。

興津:ジミー良いですよ!ジミー!!おめでとうジミー!
鹿谷くんドラマも深いです。今まで溜め込んでた分、濃縮されてますね!中学生の青春を感じました。あとは、WebCMが一番笑いをこらえました…(笑)

熊谷:ギュッと濃く込めようと汗だくになりながら、今日も楽しくやらせていただきました。今回はやはり、アノシーンがありますので、気合いも入りました。「殺して…」に色々つめこめていたらなと!

――キャラクターを演じてみていかがでしたか? 演じる上で注意した点やアピールポイントをお願いします。

佐藤:今回ほど明確に、意味のある「言葉」を発したことはなかなか無い百合くんなので、重みを感じましたね。心を込めました。

興津:楽しんで演じました。田村くんは人生を楽しんでやろうと思っていると思うので!あの人とのあのシーンでは、あんな一面も垣間見られて、かわいかったですよ。

熊谷:ずっとブレずに百合くんに一途でいてくれる彼ですので、プラスいつも以上に幸せな感情をのせていけたらと思い、演じさせていただきました。

――収録中のエピソードや、印象に残った出来事がありましたら教えてください。

佐藤:メインメンバー以外の出演者の皆さんの「これは、いったい…?」という戸惑いの表情を目にするたびに、「だよね、わかる。」と1巻目の頃の自分を思い出しました。

興津:百合くんのバイヴレーション音のクオリティが高まりすぎていて、衝撃でした!

熊谷:ヤリ部の皆さんとご一緒できると感じる安心感と共に、笑いのツボに入りかけてしまったのは……今回はギリギリたえられ…なかったかもです。まだまだ思わぬ角度で飛んでくるパンチにはやられっぱなしです。あれ?これは…本当にヤリ部?と思うシーンにまどわされたりも…。

――今回のお話で部室の引っ越しがありましたが、引っ越しにまつわるエピソードがありましたらお願いいたします。


佐藤:20代の頃引っ越した先が、なぜか毎晩同じ時間に「起こされる」部屋でした。おかしいな。男の独り暮らしなのに、もう1人男の「気配だけ」が、するんですよ。おかしいな。

興津:引っ越した時に、カーテンが超重要アイテムだということを実感しました。

熊谷:上京してから一度も引っ越し業者さんにお願いしたことがありません。大きいレンタカーを借りてコツコツやってました。でも次はお願いすると思います。ツライので。

――本作品を楽しみにお待ち頂いているリスナーのみなさんへのメッセージをお願いします。

佐藤:読者の皆様の作品にかける熱意と、楽しんでくださっているのを感じられるこの作品。どんどん人間ドラマが濃くなっている実感があります。振り幅は大きいですが、それだけにやり甲斐あるお仕事だなと思っています。今作もみんなで頑張りました!よろしくお願いいたします!

興津:それぞれのキャラクターが掘り下げられてきました。おバカとラブとシリアスのバランスが絶妙な第4巻!お楽しみに!

熊谷:より深くヤリ部の面々の物語が動きはじめた今回、これまでのドラマCDとはまた違った感覚でも楽しんでいただけるのではないかと!
ジミーとしましても、ついに!ですので、幸せな彼もよろしくお願いいたします。ヤリチン☆ビッチ部4、お楽しみいただけましたら幸いです!

――ありがとうございました!

web_YB4_a2.jpg
(後列左から、山中真尋さん、中澤まさともさん、興津和幸さん、
前列左から、熊谷健太郎さん、佐藤拓也さん)


次回は、なんだかんだで仲良しな3年生組を演じてくださった、代永翼さん、山中真尋さん、中澤まさともさんのインタビューをお届けします!
posted by Ginger Records at 20:48| ヤリチン☆ビッチ部4