2019年04月26日

ドラマCD「YOUNG GOOD BOYFRIEND」本日発売!

ぴかぴか(新しい)ドラマCD「YOUNG GOOD BOYFRIEND」本日発売ぴかぴか(新しい)


ダーリン化する元生徒×幸せ絶頂すぎて悩むアラフォー教師
そんな2人の恋のはじまりから10年を、時代ごとに綴った年の差恋愛アルバム、
ドラマCD「YOUNG GOOD BOYFRIEND」が本日発売です!

★新垣樽助さん&内田雄馬さんのアフレコインタビューはこちら
★ダヨオ先生によるアフレコレポートはこちら


ちょっぴりいじめっ子だけど、どんどんダーリン化する
元生徒・水沢は、内田雄馬さんに演じていただきました。
ドラマCD本編では、生意気な美少年だった15歳から始まり、
ラストシーンでは28歳のお医者様まで成長する水沢。
出会い編「YOUNG BAD EDUCATION」での
Sっ気たっぷりに高津先生を追い詰める様子から
恋人同士になってからのキュートに迫る様子まで、
嬉しくて笑ったり、恥ずかくて拗ねたり、ベッドの上で余裕なく甘えたり、
イケメン彼氏・水沢が見せるキラキラとして様々な表情を
とっても魅力的に表現して下さいましたぴかぴか(新しい)
そして、それぞれの年代ごとに溢れ出るダーリン感とその進化には
ハートが苦しくなることは間違いなしです!!

水沢が高校1年生の頃から密かに片想いをしていた
中年の化学教師・高津を演じていただいたのは新垣樽助さん
恋に慣れず、"憧れ"の水沢が彼氏になったことにも慣れず、
どうしていいかわからずにたじろぎ、
幸せすぎて怖い……とひとり思い悩む姿を
地味さ&中年らしさたっぷりに表現して下さいましたるんるん
ラブシーンでの心臓がやぶけそうなほどのドキドキ感、
水沢への深い愛情がこめられた優しい声音や、
恋人同士になってからの時間が経つにつれて
堂々と落ち着いた振る舞いになり彼氏力を発揮するシーンなど、
思わずきゅーんとするポイントも盛りだくさんです!

さらに、Disc1のラストにはおまけトラックとして
コミックス巻末の描き下ろし『もし同級生だったら』も音声化して収録!
ifのお話ではありますが、なんと17歳の高津先生の声もお届けしちゃいまするんるんるんるん

そして、ふたりの恋のはじまりから10年が描かれた原作の中で、
それぞれの年代ごとに、ふたりの想いが綴られたモノローグは
ふたりの恋を彩る印象的なものとして
原作を読まれた皆様の心に残っていると思います。
その言葉が、水沢と高津先生の声によって
ふたりの想いとして表現されたとき、
水沢のセリフにもあるように
『恋をするということはこういうものなんだ』と
あらためて、何度も感じ入り、心を揺さぶられます。

これから先へずっと続く、ふたりの終わらないハッピーエンドを
願わずにはいられないラストシーン。
ぜひ、最後の最後の一言までじっくりとお楽しみ下さい!

YGB0426_01.png

YGB0426_02.png

web_ygb_Are.jpg
posted by Ginger Records at 20:00| YOUNG GOOD BOYFRIEND