2017年04月26日

「おやすみなさい、また明日」凪良先生のドラマCDご感想


ドラマCD「おやすみなさい、また明日」発売まであと2日!


いよいよ発売まであとわずか。
今日は原作者である凪良ゆう先生からいただいた、つぐみ役・松岡禎丞さん、朔太郎役・古川慎さんへのコメントをお届けいたします!

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

・遠藤告美役/松岡禎丞さま
非の打ちどころのない、つぐみ、でした。穏やかで繊細な人物ですが、朔太郎に恋をすることで、本来持っていた柔らかな芯の強さが出てくるんです。頼りなかったつぐみが、花が咲くようにゆっくりと、でも鮮やかに変化して、最後は朔太郎を支えるまでになっていく。最期のつぐみの台詞に、つぐみの人生すべてを込めてくださったように感じます。松岡さんのつぐみはわたしの理想のつぐみでした。ありがとうございました。

・荒野朔太郎役/古川慎さま
原作者なので、もう嫌というほど荒野朔太郎という人物のことを考え尽くしたはずでした。でも古川さんは、ここにきて新たな荒野朔太郎を見せてくださったように思います。正直、驚愕です。話が進んでいくごとに、ああ、朔太郎ってこういう男だったんだと、目から鱗が落ちるような新鮮さがあってすごく勉強になりました。古川さんに朔太郎を演っていただけて本当によかったです。ありがとうございました。

commented by 凪良ゆう 


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

凪良先生も驚かれるほどのおふたりの熱演、どうぞお楽しみに!

jacket_oya_180.jpg

posted by Ginger Records at 15:50| おやすみなさい、また明日