2016年11月18日

ドラマCD「ROMEO」アフレコインタビューvol.2


ドラマCD「ROMEO」発売まであと1週間!


今日は主人公・光陽を支える、なくてはならない存在!
タイちゃん役:代永翼さん、ディアガ役:一条和矢さんのインタビューをお届けします!

――収録を終わられてのご感想をお願い致します。

代永:とても楽しい収録でした。そしてあっという間に収録が終わってしまいました(笑)。印象に残ったシーンは、やっぱり光陽とジェイドのやりとりですね!!
あと僕が個人的に好きな所がタイちゃんと光陽のやりとりで、タイちゃんが光陽のズボンを持っていってしまうシーンがあるのですが、そこはぜひ聞いてほしいです。

一条:暑かったね〜。男性声優ばっかだったせいもあってか、スタジオ内がムンムンしてて(笑)。ピリピリした緊張感はなく皆楽しく演れましたよ…。あ、でも、そのシーンでは音響監督の配慮で「関係ない人は外へどうぞ」と促されたんだけど、ロビーではガンガン流れてたのは秘密だ。

――キャラクターを演じてみていかがでしたか? 演じる上で注意した点やアピールポイントをお願いします。

代永:凄く楽しかったですし、嬉しかったですね。個人的にも鳥が本当に大好きなので、光陽が大好きなタイちゃんを演じられて、この物語に癒しを与えられたんじゃないかなと思っています(笑)。
注意したところはオウムなので、人間語っぽくならないようにしたところですね。ぜひ聞いてください。

一条:難しかったと思うよ…。何がって、原作通りなんで時間経過の長短があり、光陽やジェイドへの接し方が変わってて大変だった。

――印象に残ったキャラクターを教えてください。

代永:ひとりひとりがとても魅力を持っているので、全キャラクター大好きなのですが、ディアガとイーラの関係が凄く気になりましたね。この二人の物語も見てみたいです。

一条:ジェイドの幼年体時の担当声優さん(※)の声が可愛い。「なんて声してんだ?」って(笑)。高橋君がそこに対抗意識を出していたのも可愛かった。

※13歳のジェイドは井上雄貴さんに演じていただきました!高橋広樹さん演じる、初めての発情期を迎える16歳のジェイドまでの移り変わりを是非お楽しみに!


――ご自身にドーピングして重強化したい能力はありますか?

代永:全体的な身体能力をアップしたいです!! ダンスとかでも身軽に動けたらいいなと思うので。あとは喉を強くしたいです(笑)

一条:鷹だね。目がよくなりたい。数年前に眼科で「先生、最近よく見えないんですよ〜」「あ、もう老眼だからね」「……」めっちゃショックだったんだから!

――最後に本作品を楽しみにお待ち頂いている読者のみなさんへのメッセージをお願いします。

代永:「ROMEO」は本当に世界観もとても素敵で、僕もストーリーを読んでいて、すぐにこの物語に引き込まれました。
その世界観に音声がつくことによって、より素敵なものになっていると思いますので、最後まで楽しんでいただいて、皆さんの応援でぜひ続編をやりましょう!!
よろしくお願いします。タイちゃんのこと、可愛がってね黒ハート

一条:収録中、逐一原作本を見ながら演りました。それくらい原作に忠実に作られてます。唯一の心配材料は貴女のイメージに声が合っているかどうかです。


inter_romeo_3.jpginter_romeo_2.jpg
(左から、代永翼さん、一条和矢さん)


――ありがとうございました!

次回は、わたなべあじあ先生描き下ろしアフレコレポートコミックをお届けいたします!
posted by Ginger Records at 14:20| ROMEO