2015年11月13日

ドラマCD「妓楼の軍人」アフレコレポート

ドラマCD「妓楼の軍人」発売まであと2週間!
本日は犬飼のの先生によるアフレコレポートをお届けします。
のべ10時間にも及ぶ熱の籠もったアフレコでは
セリフに込められた想いや深い心情を、先生に丁寧にご監修いただきました!
発売をどうぞお楽しみに♪

-----------------------
こんにちは、原作者の犬飼ののです。
二日間のアフレコが終了しまして、今このレポートを書いております。

自身初のアフレコ現場は、まさに夢の空間でした。
キャストの皆様が事前にキャラクターを掴んでくださっていたので、テストの段階で既に出来上がっていて、一人ずつ順番に本の中から抜けだしてきて立体化するような……とても不思議な感覚を味わわせていただきました。


この作品は、原作でもドラマCDでも一貫して主人公の親衛隊員・月里蓮(CV:斉藤壮馬さん)の視点で描かれているので、蓮の抑え込んだ感情がひしひしと伝わってきて、斉藤さんのあまりにも切ない演技に引き込まれました。
軍人らしいクールさも内に秘めた熱い感情も、芙輝にだけ見せる可愛さも、そして快楽も……脳にダイレクトに伝わってくることと思います。

そんな蓮が愛した占領軍のナンバー2藍芙輝(CV:平川大輔さん)は、全体を通して本当に蓮のことが好きで好きでたまらない気持ちに満ちていて、それだけに凄く切なかったです。優雅でありながらも時に軍人らしい芙輝の美声を、存分に堪能させていただきました。

実はメインカプの他にもう一つカプがありまして、最高司令官の李月龍元帥(CV:成田剣さん)×親衛隊隊長の桂木セラ(CV:代永翼さん)の二人が、なんとも魅力的で濃かったです。
元帥を激しく愛し、そのくせ蓮にもスーパーテクを披露するセラと、元帥の蓮に対する言葉攻めは必聴。どちらも頭から離れなくて、不意に赤面する日々です。


特殊設定物ということで名前の発音が難しく、時に悲鳴が飛び交っていましたが……和気藹々としてとても楽しい収録現場だったと思います。
ラブシーンの前にメインカプの二人を残して他のキャストさん十数名が一気に退席し、斉藤さんと平川さんが二人きりでお互いを労わりながら収録していたり、店舗特典のフリートークでは成田さんが語る好色元帥に総ツッコミが入っていて楽しかったり……物凄くドキドキさせていただきました。

そんなわけで店舗特典のフリートークCDは超オススメですが、そのフリートークからヒントを得て書いたメインキャラ4人登場のボリュームたっぷり(文庫換算18ページ相当)の特典小冊子もお手に取っていただきたい、とても複雑な気持ちです……!!

最後になりますが、制作スタッフの方々にも他のキャスト様にも意欲的に取り組んでいただくことができて、夢のように幸せな時間だったな……と、今しみじみ噛み締めております。
間違いなく素敵なドラマCDになっていると思いますので、是非お手に取ってください。
この興奮を皆様と共有できる日が楽しみです。
ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

-----------------------
犬飼先生、ありがとうございました! 

<キャストインタビューはコチラ>
・斉藤壮馬さん&平川大輔さん
・代永翼さん&成田剣さん
posted by Ginger Records at 18:16| 妓楼の軍人