2018年07月06日

ドラマCD「素人ヤンキー♂危機一発!!」アフレコインタビューvol.1


ドラマCD「素人ヤンキー♂危機一発!!」発売まであと2週間!

カリスマゲイビ男優・カイト×ツンギレヤンキー・リカ
どんっ(衝撃)容赦なしガチンコ濃厚ラブバトル!!!どんっ(衝撃)

chara_Twitter.jpg


ナンバーワンゲイビ男優の容赦ないテクニックが炸裂する濃厚で濃密な××シーンは
もちろんドラマCDでもあますことなくたっぷりとお届けします黒ハート黒ハート黒ハート
公開中のWebCMでは、リカちゃん初めてのAV撮影(ヤンキー調教モノ)シーンも
ちょっとだけご紹介しています!

男気溢れるヤンキーとワケアリ食えない男優の一筋縄ではいかない純情ラブエロス黒ハート
どうぞお楽しみに!

発売に向けて今日は、リカちゃんこと有川竜二役・佐藤拓也さん織田海斗役・高橋広樹さんのアフレコ後のインタビューをご紹介いたしますひらめき

--------------------------------------------------------------------------------------------
――収録を終わられてのご感想をお願いいたします。

佐藤:リカちゃん役の佐藤拓也です。非常に、一筋縄ではいかない関係性のお話でした。
有川くんはパッと見、粗暴でけんかっ早い性格なんですけど、内側の心理状態はすごく繊細な子だったのですが、広樹さんをはじめ、周りのキャラクターを演じられてる方々とのお芝居でリカちゃんっぽさというか、リカちゃんのキャラを作れたかなと思います。とてもやりがいのあるドラマでした。

高橋:海斗役の高橋広樹です。相手役から「すげえチャラい」と言われる役って、あんまり僕なくて、そこがちゃんと出せるかなというのが一番心配だったんですけど、現場に来て拓の顔を見たら「うん、なんか安心」と思って、スムーズに収録に入ることができました。
そのまま、本当スムーズに収録も進んでいきましたし、和彦さんや代永くんともいい現場の空気が作れたんじゃないかと思います。そういう現場の空気感というものが聞いてくださる皆様にも伝わるのではないかと。なんだろう、すごく大船に乗っていた気がします。いま、豪華客船で一回りしてきたような気分です。

――ご自身が演じられたキャラについての印象や、演じる上で気をつけた点を教えてください。

佐藤:そうですね。有川くんは、いつも外側に対して針をおっ立ててるんですが、それをしまわされてしまったというか、広樹さんに立ててる針ごと抱きすくめられてしまうというような感覚があったので、そのオンオフの差みたいなものを極力つけたいと思っていました。
今回男優さんという職業がお相手で、かつ有川くん自身はまだ自分の中の好意というものに気づいていない状態からの始まる関係だったんですけど、すでに芽生え始めている感情と、目覚めさせられてしまったというか知ってしまった体の反応みたいなものに、彼は戸惑いながらも素直に反応してしまうので、どこまで感じているものを表現したらいいのかという、バランスみたいなものは気を遣いました。

高橋:海斗くんは子供の頃に、とっっても人には言えないようなトラウマを抱えて、ある意味PTSD状態なんですけど、その心の引きこもりを明るい方向でなんとかしようと、AV男優・織田海斗というものを自分で演じることによって心のバランスを保っているところもあるんじゃないかと思うんです。
なので、心の中にある闇というものを明るく人と接することで隠す、という役作りでのぞませていただきました。
その中で彼がリカに抱く想いというのは、今まで隠してきた心の中からの叫び声だったりするんじゃないかなと。そのリカちゃんとの距離感、作り上げた自分像との葛藤みたいなものをどうやったら描けるんだろうと思っていたんですけど、そこはやっぱり相手役ときちんとシーンを作り上げていく、会話をしていくという中で、やれたのかなと思っております。

――お互いのキャラについての印象や、一緒に演じられてみてのご感想・印象に残ったシーンなど教えてください

佐藤:リカちゃんと海斗さんって、お互いに幼少期に抱えているものがあるんですけど、生き方が真逆だと思うんですよ。リカちゃんは全部自分で背負い込んで、自分に触れる者は自分のほうから向かい討って火の粉は振り払うというような生き方を選んだんだと思うんですけど、海斗さんはそうじゃなくて、その闇を抱えているからこそ確実に人と接しなければならない男優という生き方を選んだ訳じゃないですか。
リカちゃん的には「こいつナニ考えてんだろうな」って思う反面、どこか「……まあ、そういうのもアリなのかな」って認めさせられてしまう。そんな影響されるエネルギーを、海斗さんは持ってると思います。ですけど、リカちゃんと関係を重ねていくことで、彼自身も外側に向けていたバリアーのようなものがドンドン解けていって、泣きそうな顔をしてしまったりもするようになっていく。そういった意味で、お互いに裸の心で付き合えるパートナーになり始めたのだなと感じています。
高橋:リカちゃんは典型的なツンデレですよね。
佐藤:違げーし!
高橋:(笑)ええっと、最初、この出演のお話を伺った時、まずタイトルの「素人ヤンキー」っていうのがよくわからなくて。ヤンキーって「素人」だからヤンキーで、プロになったらヤクザ。で、その中間がチンピラじゃないですか。だから、ヤンキーの素人ってどういうことなんだろう???ってスゲー悩んだんですよ(笑)。で、中を読んでみたら「あ、分野が違った」って、「素人AV男優のヤンキー」だったってことに気づいて。……なに言ってるんでしょうね、僕。
佐藤:正直な気持ちを述べたんですよ、いま。
高橋:そうそう。正直な気持ちをね!で、まあ、リカちゃんはそのキャッチーなタイトルに相応しい主人公だなって思いました。僕は海斗はあくまでも脇役で、この作品の主役はリカちゃんなのかなと思っているんです。リカちゃんの心の動きで物語は進んでいくと。
だから、こちらはその動きにどう対応しようと思ってたんですが、そこで佐藤さんが強気な外面の内側にある心の傷というようなものをとても繊細に表現されていた。なので、お互い心に傷があるもの同士ということで惹かれてしまう『磁力』みたいなものを感じることができた。だから、拓が相手でよかったなあってすごく思ってます。
佐藤:(褒められ悶絶する佐藤拓也さん)うー……死ぬ…………。
高橋:(笑)役者殺すにナイフは要らぬって言ってねー。

――リカは様々なバイト(?)を経験していますが、ご自身が「いま、この年齢だからこそやってみたいバイト」はありますか?

佐藤:30過ぎて雇ってくれるバイトってことですよね……。
高橋:あるよ、そんなの全然あるって! コンビニの新人バイトでおじいちゃんとかいるもん。
佐藤:……なんかそれ、日本の闇を感じるからやめよう。
高橋:(笑)
佐藤:僕はホテルのフロントですかね。
ホテルのフロントって一番最初にお客さんが見るホテルの顔じゃないですか。そこでの対応がその旅行の印象にまで影響を与えてしまうかもしれない、すごく責任のある仕事だなと。対象のお客様の記憶には残らないかもしれないけど、その人の大切な時間のお手伝いをする仕事っていいな、ちょっと面白そうだなと思います。
高橋:僕がやりたいのは、バイトじゃなくなっちゃうんですけど、テストドライバーですね。
佐藤:おー! カッコいい!
高橋:スポーツカーとかじゃなくて普通の市販車とかでいいんですけど。僕は車がとても好きで、たまにレンタカーでちょっと良さめの車を借りて乗ったりして、「おー、この車はコレがこうで、ハンドリングがどうでとか云々」とかやったりするんです、自分で。
テストドライバーさんって、今まで誰も乗ったことがない車の運転を楽しめる訳じゃないですか。しかも不具合まで体験できる! 「うわ、この車こんな不具合あるぜ!」っていうのを発見できるのって、スゲエ楽しそうだなって思うんですよね。
佐藤:うーん、ドM!
高橋:あとは役者に近いところになるんですが、海の近くにある夢の国のキャストですかね。
佐藤:僕、昔やってましたよ。
高橋:えっ、本当!?
佐藤:キッツイですよー………。
高橋:でも、やってみたい。今だからこそできるもてなし方があると思うから。
僕は声優ですけど舞台とかもやってるんで、それなりのパフォーマンスで喜ばせてあげることもできると思うし、お客様へのアテンドとかちょっとしたリップサービスとかできると思うんです。僕は人を、特に子供を喜ばせる仕事をしたいんです。なので、これはバイトではなく本職の話ですけど、Eテレの番組とか出たいです。
佐藤:Eテレいいですよねー。
高橋:朝の番組とか絶妙だね!

――最後に、楽しみにお待ちいただいているファンの皆様にメッセージをお願いいたします!
佐藤:キャスト一同、本当に素敵なお芝居の応酬ができたんじゃないかと思います。非常にバランスもよかったですし。この話、タイトルからはちょっと想像できないかもしれないですけど、スゲエ繊細な心の機微が丁寧に描かれている作品だと思います。音声化されるにあたって、一生懸命やらせていただいたので、一人でも多くの方に喜んで頂ければいいなと思っています。よろしくお願いします。

高橋:原作ファンの皆様、ついに音声化になりました。自信を持ってオススメできる作品になりました。キャストがこういうことを言うのは珍しいんで、本当だと思って頂いて大丈夫です。安心してお手にとって頂いてお楽しみ頂ければと思います。また、この記事をきっかけに、この作品をお知りになった方。とてもコメディなお話かと予想してしまうかもしれませんが、拓が言ったように純愛ドラマだと我々は思っております。だから、安心して飛び込んできて下さい。
それでは発売まで楽しみにお待ち下さい!

――ありがとうございました!

SY_web01.jpg

(左から、代永翼さん、佐藤拓也さん、高橋広樹さん、井上和彦さん)


次回は、井上和彦さん&代永翼さんのインタビューを近日公開予定です!
どうぞお楽しみに!!
posted by Ginger Records at 18:00| 素人ヤンキー♂危機一発!!